エピキュリアンの備忘録

目的:毎日「書く」

この人はなぜ?と考え、見かけに騙されない人になると決意

 「どのように見えるか」ということだけを考えて行動する人なのだな、と感じる女性が昨年の1月から職場に配属された。ジョン・バニヤンの「天路歴程」には「見せかけばかり氏」という人物が登場するが、まさに「見せかけばかり女史」である。

 なぜ、そう思ったかというと、会話の端々に「私は仕事もできる由緒正しき女」というメッセージが見え隠れするからだ。「歌舞伎などの日本文化の伝統ある家庭で育ったので」とおっしゃる彼女の会話の中に、その教養が見えたことはこの1年間で1度もないのだが・・・。

 

なぜ、そう見せたいのか、この人は?

という視点を意識的に持つように気をつけるようになった。

心理学的視点が、職場の心の健康にとって役に立つ。

 

 心理学に「ジョハリの窓」というモデルがある。

横軸を自分、縦軸を他人としてグラフの4つの領域(象限)を組み合わせてつくる。

I  自分にわかっている自分、他人にわかっている自分 

  → 自分も他人もわかっている(公開の窓)

II 自分にわかっていない自分、他人にわかっている自分

  → 自分は気がついていないが、他人にはわかっている (盲点の窓)

III 自分にわかっている自分、他人にわかっていない自分 

  → 隠している自分(秘密の窓)

IV 自分にわかっていない自分、他人にわかっていない自分 

      → 誰からもまだ知られていない自分(未知の窓)

 

「仕事もできる由緒正しき女」メッセージは、このうちの「公開の窓」。

そうは言っても本当に彼女が宣伝している通りの人なのか、と

感じている周囲の思惑は、「盲点の窓」だ。

 

そして、人は誰でも持っている「このことを話したらなんと思われるかわからない」と自分が感じる弱点のようなもの、「秘密の窓」。

学歴だったり、生い立ちだったり、人それぞれだ。

 

「未知の窓」は、誰にも見えない部分だけれど、研究領域としておもしろそうだ。

 自己肯定感が高いほど、「自己開示」部分が大きいのではないかと想像する。

 

「人は見かけが9割」、や「女は見た目が10割」という本が売れている世の中。キャッチコピーの「理屈はルックスに勝てない」をほとんどの人が実感しているだろうし、私もそうだ。

実際、「⚪️⚪️の法則」などわかりやすい本が売れやすいのも、この路線なんだろうと思う。

 

 

書こうと思っていた内容の前置きが長くなった。

「この人は、なぜ、そう見せたいのかな」と思った記事を読んだのがきっかけで、

文章を書きたくなったのに、話がそれてしまった。

なぜ初老の暴力が増えるのか考えてみた - 久田将義|WEBRONZA - 朝日新聞社

 

「僕の感覚で言うとそういった暴力をふるう人は、どちらかというと60歳以上の方々が多いような気がする」

とあり、

「加害者の年齢は60代以上(20%)と50代(14%)で3分の1を占めていた。他の年代は30代(22%)、40代(21%)、20代(17%)となっていた。加害者の67%は飲酒をしていた」

 

書いてある数字からは、30代と40代を足した数の方が50代と60代を足した数を上回っている。しかも最多は30代だ。

合計は94%だから、あとの6%が記載ミスか何かなのか。

この数字からだと、サブタイトルの「私鉄の駅員らへの暴力件数では50代以上で3分の1を占める」は主観的な結論に思える。

登録していないので、記事を途中までしか読めないので、もしかして、

これは60歳以上の読者に先を読ませるフックなのかもしれない、とも想像したが・・・。

 

「絡んでくるだいたいの人はいわゆる「全共闘世代」に多い、とは僕の感覚である。」

と読むと、この人は個人的にその世代に恨みがあるのか、ともとれた。

 

そう、「この人はなぜ、そう見せる必要があるのか」

という視点を以前の私はもっていず、自分の見たまま、聞いたままを信じていた能天気な小学生のような人間だった。

このところのインターネット調査流行りによる数字の信憑性も疑っているが、

どの情報を信用するべきなのか、どの情報がいらないのか、

今年からはもっと賢く、と決意した年初である。

 

 

 

 

 

NY州公立大学無償化発表。日本もそうなってほしい。

年末に60、70代の人と大学の学費について話す機会があって、

「俺たちの頃は、国立大学は貧しくても勉強できる奴がいくところ、

学費は月に1000円だった」と聞き、そこまで安かったのかとびっくりした。

その頃ならきっと、がんばって勉強すれば貧しくても大学進学できる、

と未来に夢を描けたに違いない。

文科省にも一覧があったので、リンク。思っているよりももっと年上のおじさまたちだったのかも。

一月に3000円からしか記録がない。

国立大学法人評価委員会 大学共同利用機関法人分科会 業務及び財務等審議専門部会(第1回)議事録・配付資料 [資料5] 国立大学と私立大学の授業料等の推移−文部科学省

 

さて、給付型の奨学金を導入する、と大声があがっていたけど、

3万円だった。

というニュースにがっかりしたばかり。

この国は、若者に希望を与える気があるのかと思ってしまう。

 

タイトルはすごくて、読んでみるとたいしたことない内容の記事、

みたいにがっかりだ。

いまや奨学金を借りている学生は2人に1人が平均と聞く。

こんな記事を読んだら胸が痛くなり、涙がでそうだ。

“奨学金破産”追い詰められる若者と家族|NHK NEWS WEB

「自己破産」の意味すらよくわからないままに「自己破産」しないとならない若者、

ひとりだって、いてはだめだ。

 

平均給与の推移をみると、見かけ上は世の中、リーマンショックを経て、

持ち直してきているように見える。

だけど、各項目を見ると、

正規:484.9万円に対して、非正規:170.5万円

男性:520.5万円に対して女性276.0万円

 

そんなに低い給与でも、非正規はやめられない。

一度非正規になったら、正規に戻れないから。

失業よりましなのだ。

男性と同じ仕事をしていても、女性の給与は半分。

でも失業よりはましなのだ。

 

日本も早く、ジョブ型社会の同一労働同一賃金を実現してほしいと願う。

 

 

 

 

 

 

www.jiji.com

 

 

 

 

わかりにくいパワハラ水面下で進行中

 私は絶対に自殺などしないので、

パワハラ実行中の上司も制裁を受けることはないと思う。

毎日、上司が抱える2人のチルドレンによってもパワハラが強化されている職場で耐えている。チルドレン同士は仲良くないようだけれど、その一人があまりにも性根が腐っているのを周囲が知っているからなのかもしれない。

パワハラ上司はとても巧妙なやり口で、圧力をかけてくる。

もっと上の上司がいるときには決して正体を見せない。

周囲に温厚な人物と印象付けようとしているのは、

穏やかな人と思われている人が家庭でDV夫だったりするのに似ている。

 

くだらない理由で叱責するときには、必ず別の部屋や人のいないスペースへ連れ出す。先日は、他の部署の人に「XXはどこですか」と聞かれて「あ、お持ちします」と届けてあげたのをわざわざ人のいないスペースに呼び出されて「そんなことはしないでください」と注意された。

いつも金曜日の夕方をねらって注意する。

 

インターネット上でパワハラについて調べても、裁判に訴えたところで、

意味がない、と思われるようなケースばかりだ。

また、あからさまでわかりやすいケースのみをパワハラと定義している。

 

厚生労働省のサイトをみると、私のケースなんて、パワハラじゃないみたいに思える。

なぜなら、残業を命じられる→残業は誰にとっても悪いこと

のような前提がある。残業は必ずしも悪くない。

仕事を終わらせるためにサービス残業(家にもちかえる)になる方が困る。

私の場合には残業すれば終わる量の仕事を与えられて、残業を禁じられる。

結果、時間にカウントされない昼休みや朝早く来ることで終わらせている。

特定の人との接触を著しく妨害される。

また、編集は私の仕事の一部だが、とにかく編集関係の仕事から遠ざけようとする。

極端な場合だと、「仕事を与えない」というパワハラになるのだけれど、

そこまでの権限が彼にないので、「プチパワハラ」?

 

いじめも体罰も、ちょっとでもいけないんでしたよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

no-pawahara.mhlw.go.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

Yahooニュースの「iPhoneに「死にたい」と相談すると宗教団体『幸福の科学』へと誘導される問題(追記あり)」を読んだ

bylines.news.yahoo.co.jp

記事を読んで、iPhoneのSiriに話しかけたことがなかったのを思い出した。

どうやってSiriを起動するかも知らなかったので、グーグル先生に聞いて設定した。

 

Siriに「死にたい」と話しかけてみると、記事で読んだ通り一番上のリンクは「幸福の科学」。

 

記事を読んだ時には読み飛ばしたのかもしれないが、

2位以下があった。

 

2位 厚生労働省

3位  国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター

4位 生きテク 死ぬ技術(自殺)はもういらない、生きるテクを大公開

 

早速、厚生労働省のリンクをクリック。

「いのち支える」のロゴの直下は「重要なお知らせ」で

「Yahoo! 特別企画ページ」だった。

このページを開くと「相談窓口へ連絡する」というメニューがあり、

「こころの健康相談」0570-064-556

「よりそいホットライン」0120-279-338

「24時間子供SOSダイヤル」0120-0-78310

の連絡先があった。

 

パワハラや同僚からのいやがらせもある職場にいる私は、

「よりそいホットライン」に電話をかけたことがある。

朝の4時にかけても、昼の3時にかけても、一度もつながったことがない。

「たいへん申し訳ありませんが、ただいま、回線が混み合っています。しばらくたってからお掛け直しください」

サポートデスクでさえ、「順番におつなぎしますので・・・」ができるのに、

こんな命がけの問題でその対応ができないなんてどうなのか。

 

そのときは、ほんとうに悩んでいたので「いのちの電話」(0570-783-556) にかけた。

相談にのってもらって、アドバイス通りに行動して前進できた。

具体的に書きたいが、今はできないので、いつか、書けるようになって、

誰かの役に立てたいと思う。

 

このとき、「いじめ」をみ過ごす人もはっきりとした加担者なのだな、と思った。

そして、選挙で投票しない人とみ過ごす人は何もしないという点で同じではないか、

と思ったのが今回のアメリカ大統領選。

 

選挙にいかなかった人がトランプを選んだ、と知った。

 

 

uproxx.com

 

 

 

 

です、ます、だ、である

「です」「ます」がていねいだから、ブログはですます調で書くべき。

という議論がある。

「だ」「である」は偉そう。

という考えに、違う角度からの見方を聞いてはっとした。

 

「だ」というのは事実を述べているに過ぎない。「である」も時に状況の説明だ。

「偉そう」という発想そのものが間違っている、という。

たしかに!

 

「です」「ます」がていねいだから、ブログはですます調で書くべき。

と主張した人が、パワハラ張本人だったので、

これって、心理学でいう「投影」っていうやつだな、と

妙に納得した。

彼は、ほかの人が「偉い」といやな人だもの。

「偉い」のは自分ですからね。

 

というわけで、形だけていねい、に抵抗がある。

それに、です、ます調って、おなじ調子にならないように書くのが難しい!

 

 

 

 

 

 

ハロウィン

アメリカのハロウィンの一番人気といえば、ダースベイダー。

ハロウィンは、心の「影」を楽しむ、と欧米人は無意識で理解しているのかな。

スパイダーマンとかスーパーマンのようなヒーローより、

悪者が圧倒的に多い。

 

 

ほんものの悪者が日常においてはあまりいないからなのかな〜。

騎士道精神で男性は常に紳士としてはずかしくないようにふるまう傾向が

あるからかしら。

 

そういえば、きょう、TIMEでどうやってサイコパスから身をまもるか、

という記事をみた。

あとで詳しくまとめよう。

サイコパスを見分ける簡単な方法は「平気で嘘をつく」かどうか。

 

あまりに日本語が通じない同僚に

「この人、爬虫類みたい」

と感じたので検索で「爬虫類型人類」といれてみた。

びっくり。

人類は爬虫類から進化した人類と哺乳類から進化した人類がいる、

など「とんでも」な情報がいっぱいあった。

 

インターネットの世界、妄想が広がっている。

 

 

 

 

 

 

 

死亡記事

大学でジャーナリズムの勉強をしていたとき、

有名人の死亡記事というものは、どの人もすでに書かれていて、

賞をもらったり、なにか偉大な業績をあげるたびに、

書き換えられている、と習った。

 

そのクラスの実習のひとつは、知人の死亡記事を書く、だった。

もちろん、いろいろでっちあげてよいという条件だったけれど、

尊敬していて、実績もあげている友人の死亡記事を書いた。

書きながら、すごい人だなあ、とさらに尊敬したのをおぼえている。

友人は今でも健康だし、新しい活動にチャレンジ中だ。

 

そのとき、ふと、自分の死亡記事を書くのも楽しそう、と思った。

人生で、こんなこと、あんなことをしたい、

というのが整理できるのじゃないかと思ったのだ。

不謹慎と言われるかもしれないが、

死は、誰にとっても100%起こり得るものだし、

そのときに準備ができている方がいいではないか。

神様に「ちょっと待って」とは言えないと思うから。

 

最近、「死の準備教育」=death education が広がっているときく。

日本では「死」そのものをタブー視して話題にしないような風潮がある。

けれど、その傾向がおそらく薄まってきているのだろう。

上智大学名誉教授のアルフォンス・デーケン氏が

「死を見つめることは、生を最後までどう大切に生き抜くか、自分の生き方を問い直すことだ」と唱えたのが、

日本でのdeath educationの始まりらしい。

調べてみると、書籍もたくさん出版されているよう。

 

死といえば、

電通過労自殺 長時間残業の解消が急務だ : 社説 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

連日、メディアでもたくさんとりあげられている。

広告代理店関係者の方と仕事でお会いするときにも話題になる。

金曜日の夜に公開、そのまま消えていってほしい、月曜日には、

という業界人の思惑は、かなわなかったようだ。

 

個人的には、

上司からは「君の残業時間は会社にとって無駄」などと、パワハラとも取れる発言があった」

に、根本的な原因があるのでは、と、パワハラを受けている最中の自分は思う。

今、この上司はどうしているのだろうか。

上司の上司や、同僚はどうしているのだろうか。

きっと、何もなかったようにただ、台風がとおり過ぎていくのを待つように、

じっとしているだけで、反省とかないんだろうな、と思うと

やるせない。